2015年06月15日

クワガタ

       em-1_6150039.jpg

小学一年生の頃、僕には誰も知らない秘密の場所があった。夏休みのラジオ体操に行く前、そこに寄るのがお約束。小さなお社の裏の木に、カブトムシやクワガタが毎朝のように群がっていたのである。少なくても2〜3匹、多い時は10匹近い「黒いダイヤ」を捕まえることができた。捕まえた虫達をバッチのように胸に付けてラジオ体操をするのである。これはちょっとした優越感を覚える瞬間であった。しかし女子からは冷ややかな目で見られていたようだ。
posted by 生出道憲 at 21:08 | クワガタ