2018年09月10日

ヒキガエル

_0094898.jpg

登山道を塞ぐ倒木を、よっこらしょっと跨ぐと、こいつがいた。目と目が合った瞬間、双方ともフリーズ。どちらまで?と声をかけても、当然返事は返ってこない。ややして森の中へ消えていった。
posted by 生出道憲 at 12:50 | カエル

2018年09月09日

アカガエル

       _0095003.jpg

今夏の暑さも落ち着きを見せ、このアカガエルくんもようやくホッとした表情をしている(本当にそうなのかどうかは、わからない)。瞳に映る森はなんて綺麗なんだろう。
posted by 生出道憲 at 21:52 | カエル

2018年05月21日

モリアオガエル

       _0193131.jpg

今年はもう産卵が始まっていた。かなり早い!枝には幾つもの卵塊がぶら下がっていた。楓の葉も、まだ開ききっていないというのに・・・。
posted by 生出道憲 at 08:18 | カエル

モリアオガエル

       _0257647.jpg

これは昨年6月中旬頃の撮影と記憶している。産卵は例年この時期になることが多いのだが・・・。
posted by 生出道憲 at 08:15 | カエル

2017年06月26日

木登り蛙

                _0257724.jpg

頭上を見てみると、蛙のペアが枝をよじ上っていた。あんな高いところを命綱無しで、それも平然とした表情で登っている。もしこの蛙くんを人間に置き換えてみると正に命知らずの無謀な行為。さすがに鳶職だってあそこまではしない。小さな身体ながらも、その身体能力は見上げたものだ。
posted by 生出道憲 at 08:17 | カエル

2017年05月15日

カジカガエル

20170512_0125600.jpg

アマガエルはケロケロ、トノサマガエルはゲコゲコ、青空球児・好児はゲロゲーロ・・・と鳴く。でもカジカガエルの、あの美しい鳴き声をどう表記したらいいのかむずかしい・・・。カジカガエルのカジカは河鹿と書くこともある。見てくれからは想像出来ない美しい声は、やはり実際に聞くのがいちばん。
posted by 生出道憲 at 08:35 | カエル

2015年07月10日

カジカガエル

d800_DSC4140.jpg

清流にしか棲めないカジカガエル。石ころのような色をしているので、ふだんはなかなか見つけられない。澄んだ美しい鳴き声からは想像出来ないその姿。そんなギャップが魅力的。カジカくんはカエル界のポール・ポッツ、はたまたスーザン・ボイルといったところだろうか。
posted by 生出道憲 at 08:22 | カエル

2015年06月15日

モリアオガエル

em-1_6150022.jpg

緑の映りこみをバックにプックーンと浮かんでいるモリアオガエル。沼のあちこちからゲコゲコゲコ・・・と鳴き声が響いている。ここは彼らのテリトリー。無粋な侵入者を偵察していたのかもしれない。
posted by 生出道憲 at 21:09 | カエル

2015年06月05日

頭上のふたり

D800_DSC6353.jpg

頭上を見てみると・・・こちらのカップルは木の上で落ち着く場所を探しているようだった。
posted by 生出道憲 at 08:23 | カエル

2015年06月04日

逃避行のふたり

       em-1_5301214.jpg

行き先は決まりましたか?おふたりさん。お疲れのようですが、どうぞお気をつけて。


posted by 生出道憲 at 08:22 | カエル