2015年08月17日

森の巨人

       645z_IMG0529.jpg

森に流れる時間に身を任せる。急ぎ足だった僕の時間は、ほんのすこし落ち着きを取り戻したようだ。
posted by 生出道憲 at 08:30 | 山毛欅

2015年07月22日

山毛欅

645d_IGP8897.jpg
posted by 生出道憲 at 08:18 | 山毛欅

2015年06月12日

山毛欅

645d_IGP9245.jpg

人が楽に入れるくらいの洞(うろ)を持った山毛欅の古木。中に入ってみると、朽ち果てた木肌からは微かな暖かさのようなものを感じた。生きている証だ。
posted by 生出道憲 at 08:34 | 山毛欅

2015年05月31日

山毛欅

645z_IMG0575.jpg

樹の勢いが衰えてきたのだろう、キノコが幅を利かせてきた。目を閉じてこの山毛欅の誕生から今日まで、そして倒木となって土に還る日を思い描いてみる。さらに新しい命が生まれ、その樹が巨木といわれるまでの時間を想像してみる。同じ場所で繰り返されてきた樹のドラマは、人が期待するほどドラマチックではないだろう。いや、ほんとうはドラマチックなのだろうが、人間は樹に比べてあまりにも短命だから、そのドラマの視聴者としては不向きなのだ。
posted by 生出道憲 at 22:22 | 山毛欅

新緑の山毛欅

645d_IGP4458.jpg
posted by 生出道憲 at 17:46 | 山毛欅

風の中

645z_IMG4061.jpg

薫風にしては、かなり強い風だった。太い幹に不釣合いな細い枝がぶんぶん揺れている。その様はコンダクターの振る棒のようである。風をコントロールするつもりだったのかな。
posted by 生出道憲 at 17:45 | 山毛欅