2018年06月04日

遠き山に日は落ちて

       _IMG0136.jpg

ドボルザークの交響曲第9番「新世界」第2楽章の「遠き山に日は落ちて」は、小学校の下校時に決まって流れていた曲だ。放送委員の女の子のアナウンス・・・「下校時刻になりました。今日いちにちの楽しい学校生活も終わりです・・・」はいまだに耳に残っている。やや(かなり?)訛りのある語り口調と、この曲の持つ郷愁感が妙にマッチしていて生出少年の心に、この曲は深く刻まれたのであった。もちろんすぐに下校はせず、友達と暗くなるまで遊び呆けていたのは言うまでもない。宿題は写し専門だった・・・。
posted by 生出道憲 at 21:17 | 夕日