2018年06月04日

喜多方のソーラーパネル

_IMG0124.jpg

きょうび、いちばんの問題といえば、やはりエネルギーをいかに作り供給し続けるか、ということだろう。それも環境に配慮した優しさが求められる。原発事故に遭った福島県民はとくにその想いは強い。夕日に照らされているのはソーラーパネル・・・ではなく田植えの終わった田んぼ。オレンジ色に輝く田を見ていたら、有効なエネルギーはどうしたら作れるだろうか?しばし考えてしまった。
posted by 生出道憲 at 21:01 | 夕日